【AV2】VRoidのモデルをVRChatに導入する

SDK2は既に非推奨です!使用しないでください。SDK3を使用し、Avatars 3.0として作成してください。

Avatars 3.0やVRoid Studio 1.0.0(正式版)がリリースされており、既に古い情報となっています。
今後の記事更新予定はありませんので予めご了承ください。

新機能であるAvatar Dynamicsについての記述はありません。PhysBonesなどの利用方法もありません。

いつもの備忘録でーす。はい。

いつにも増して投げやり気味です。情報が間違っていたり、足りなかったりするかもしれませんのであしからず。

Avatars 3.0対応編(こっちももう古い)はこちら。

【Avatars 3.0】VRoidのモデルをVRChatに導入する
Unity 2018を利用していた頃の情報です。各種情報が古くなっている他、今後の記事更新予定はありませんので予めご了承ください。 Avatars 3.0対応編です。AV2版は前回を参照のこと。 細かいところは端折りつつ、V...
タイトルとURLをコピーしました