Redmi Note 9S MIUI 13アップデート

Redmi Note 9S(Curtana)にMIUI 13(Android 12)が来てるとのことだったので、一度MIUI 12.5をfastbootで焼き直してからアップデートを手動で導入しました。

今回ちゃんとしたレビューとかではなく、雑記的な感じです。

Redmi Note 9S 6GBモデルを買った
My New Phone... 「Xiaomi Redmi Note 9S(インターステラーグレー)」の6GB/128GBモデルです。goo SimsellerでOCNモバイルONEにMNPしたので、税込み7,480円でした。...

買ったのはもう2年前ですね。しばらくFlokoで運用していましたが、FlokoROMの活動は無期限停止となっており、自力でメンテナンスする知識もないので、MIUI 13リリースを機にMIUIに戻すこととなりました。

Bootloaderをロック解除したままなので、Google Playプロテクトの認定は通ってません。

MIUI 13.0.2.0(SJWMIXM)安定版

8月5日にリリースされたらしい「MIUI 13.0.2.0(SJWMIXM)」ですが、OTAではまだ降ってきてないかもしれません。

出所に責任を持てないのでリンクとかは貼りませんが、適当に探して拾ってきたパッケージ(miui_CURTANAGlobal_V13.0.2.0.SJWMIXM_65c5d3fcff_12.0)を、アップデートの拡張機能を有効化して、更新オプションからMIUI 13へアップデートしました。

セキュリティパッチレベルは2022年7月1日です。

長寿命で、より高速に

Android 12らしさはあまりありませんが、ちゃんとAndroid 12です。

Android 12によるCPU使用率の改善や、MIUI独自のLiquid Storageなどによるパフォーマンスの向上・維持やバッテリー消費の最適化が行われています。

MIUIって色々と余計な感じがあるというか、なんか遅い感じがするんだよなぁってイメージがありましたが、MIUI 13はちゃんとしてますね。今のところ引っかかりもなく、非常にスムーズに動作しています。(FlokoROMからMIUIに戻すにあたって初期化をしています)

バッテリー消費について

MIUI 13は旧バージョンと比較してバッテリー消費が小さくなっているとのこと。異常消費もなく、スリープ中も問題は無さそうです。

フォントも変えられる

MIUI 13とは関係ない話ですが、ふと思い出したので試しました。

地域設定をインドなどに変更しないと出てこなかったりするフォント設定ですが、Redmi Note 9Sは日本語設定でもフォント変更の欄がちゃんと表示されたのでフォントが変えられました。

McMejiro - Mplus 1 と Roboto を掛け合わせた日本語フォント
McMejiro は Mplus 1 と Roboto を掛け合わせた日本語フォントです。

ゲームターボも一新

ゲームターボも新しいデザインの物に変更されました。

ちなみに、サイドバーで表示されるFPSはゲームとは関係の無いものとなってしまい、以前と違って全くアテになりません。CPU使用率なども表示されなくなっています。

24FPS設定だが、60FPSと出ている。

スクリーンショットはPOCO F3のもの。ゲームのFPSとは関係の無い数値がグラフに表示されている。

原神 Ver2.8で動作テスト

ゲームパフォーマンスの確認のため、原神 バージョン2.8を新規にインストールしてみました。

最低設定に加えて、レンダリング精度を中に上げ、Bloomをオフに。フレームレートを45FPSとしました。

軽く遊んでみましたが、45FPSぴったりとまでは行かないものの、概ね40FPSは出ており快適です。そこそこ熱を持った状態で遊び始めましたが、30FPSは余裕で超えてるので悪くはないですね。

MIUI 11(Android 10)の頃に遊んだときは微妙かもなぁって感じていましたが、そこそこ動いているような気はします。2年前の記憶なのでアテにはなりませんが。

高品質な3Dゲームをするにはしんどいですが、Snapdragon 720Gは十分な性能があるので、まだ活躍できそうです。

タイトルとURLをコピーしました