Redmi Note 9S MIUI 14アップデート

実機を手放しました。本記事をもちまして、Redmi Note 9Sについての更新を終了します。

Redmi Note 9SにMIUI 14(Android 12)が来てると聞いたので、半年ぶりぐらいに電源を入れました。地域設定をインドなどに設定すると良いとのことで、早速設定したところ即座にOTAが可能になりました。

OTAで降ってきたのはMIUI 14.0.3.0(SJWMIXM)安定版です。セキュリティパッチレベルは2023-02-01で、OTAサイズは986MBでした。

前回MIUI 13を手動で焼き直した状態のままだったので、まだMIUI 12な場合は地域設定の変更で更新できるのかもしれません。

Redmi Note 9S MIUI 13アップデート
Redmi Note 9S(Curtana)にMIUI 13(Android 12)が来てるとのことだったので、一度MIUI 12.5をfastbootで焼き直してからアップデートを手動で導入しました。 今回ちゃんとしたレビューとかではなく...

MIUI 14.0.3.0(SJWMIXM)安定版

Redmi Note 9S用のMIUI 14のリリースは2023年3月末のようです。Android Enterprise Recommendedのセキュリティアップデート最終更新月が5月までとなっているので、このアップデートを最後にサポートを終了するようです。まだEOS(End-Of-Support)リストには表記されていませんが、次回更新時には掲載されることでしょう。

Miui 14
Xiaomi Security Center
Xiaomi Product Security Center provides users and partners of Xiaomi with detailed information on the security status of our smartphones and IoT products, inclu...

2023年6月19日追記:14.0.4が配信されました

セキュリティパッチレベルが2023-05-01のものです。

システムの最適化でより軽量に

MIUI 14はMIUI 13と比べて、システムの使用するストレージが減少し、メモリの使用量も少なくなっているようです。また、滅多に利用しないアプリを圧縮してストレージを空ける機能が追加されました。

Xiaomi Pad 5との連携機能もあるのですが、所有していないので試せていません。

ちょっと余計な物が増えた

ゲームセンターアプリや、Mi Picksアプリが増えています。アプリ保管庫もそうだったかもしれませんが、記憶が曖昧です。国内での使い道はあんまりないように思います。

ホーム画面が更新、アプリドロワーの紹介

アプリドロワーは以前からありましたが、改めて案内がありました。

設定からクラシックに戻すことも出来ます。

アプリドロワーでの検索がうっとうしいときは

初期設定では、アプリドロワーを開いたときに自動で検索画面が出てくるようになっています。これを閉じないとアプリ一覧にアクセスできないので、個人的にはうっとうしく感じました。

この機能は、アプリドロワー右上の歯車アイコンから設定を開いて、「アプリドロワーを開いた後に検索を開く」をオフにすることで無効に出来ます。

パッと見て気が付いた変化はこのぐらいでしょうか。

Redmi Note 9Sは2020年6月9日発売から今日でちょうど3年となりました。国内の公式サイトでは既に掲載されていませんし、そろそろ引退の時が近づいてきたように思います。ソフトウェアはこれでサポート終了となる予定ですが、ハードウェア的にはまだ余裕があり、もう少し頑張れそうな感じはあります。

最近は5年間のセキュリティパッチ配信を謳うメーカーも出てきています。Xiaomiも最近のデバイス(例:Redmi 12C)は4年ぐらいのサポート期間が設定されているようですし、4~5年のサポートが当たり前になってくれると嬉しいですね。

2023/06/19:5月分のセキュリティパッチが配信されたので追記

タイトルとURLをコピーしました