ThinkPad Helix 2015にAndroidをインストールする

ThinkPad Helix 2015を久しぶりに使おうとしたところ、上手く起動しない持病が再発していたので、Androidを突っ込みました。

(というか、CLIP STUDIO PAINT試してみたかった。)

先に言っておくと、オススメはしません。古いおもちゃで遊びたい人向け。

ダウンロードとインストール

Android x86は5月で止まってるようですし、その他だとBliss OSが最近更新されていたのでそちらを試してみようと思いました。

BlissOS 11.13 GMS – Stable(Bliss-v11.13–OFFICIAL-20201113-1525_x86_64_k-k4.19.122-ax86-ga-rmi_m-20.1.0-llvm90_dgc-t3_gms_intelhd)をインストールしました。ファイル名を見れば分かる通り、Kernel 4.19です。Androidバージョンは9。

ダウンロードしたISOファイルは、Rufus 3.13で書き込みを行いました。パーティション構成はGPT、ターゲットシステムはUEFI CMS無効としています。

予めセキュアブートを無効にしておきUSBメモリから起動、Liveブートで動作を確認した後、SSDへインストールを行いました。なにか操作したくなったとき用にWindowsは残してありますが起動確認はしていません。

動作確認

ウルトラブックプロキーボードを取り付けた状態でインストールしました。Vulkan対応の状態で起動しています。

  • キーボードの着脱は問題なく行えているようです。但し、ウルトラブックプロキーボードを接続した状態でブートすると、バッテリー残量を取得することができません。
  • 音周りは不安定で、一時的に鳴るときがありましたが基本的に鳴りません。ブツッとノイズが入ります。音量ボタンが動かないときがあります。
  • Wi-FiはOKです。
  • BluetoothはONにしても動作しないようです。
  • LTEモデムは認識しません。
  • 画面回転は動作します。
  • 画面輝度調整も問題ありません。
  • カーソルは出ませんが、ペンも動作します。
  • バッテリーは結構減る……。
  • スリープ不可、スリープしているように見えてもバッテリーはどんどん減ります。

全体的に若干の不安定さが残りますが、使えないこともない感じですね。

軽く使ってみる

ペンが使えるのでCLIP STUDIO PAINTを入れてみます。

画面分割もいけますし、バッチリ動いています。パームリジェクション周りが微妙なので、手袋は必須かもしれません。ブラシカーソルはクリスタ側の設定をすれば出てきます。(初期設定ではカーソルオフ)

8GBあるので、メモリも余裕です。

センサーも機能してるので、縦画面もOKです。

また、アプリはウィンドウモードで動作するのでPC感覚で触れる感じですね。文字入力はGboardに日本語と英語のキーボードを追加してShift + Spaceで切り替えです。

クリスタ使うだけならWindows 10の方が頭を抱えるトラブルは少ないのですが、日常的に動かしてないのでまとまったアップデートに時間がかかって億劫です。かといってAndroid x86(Bliss OS)の方は動作は快適でもところどころ不安定ですし、アップデートも不定期かつ安定している保証はないので、一長一短な気もします。(スリープ周りなんとかなると嬉しいな)

気が向いたらそのうち追記するかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました